パシリの舌テク、ヤバいって…ッ~エビ反りイキする生意気ギャル2巻のネタバレぎりぎりと無料試し読みの紹介

topページ1 パシリの舌テク、ヤバいって…ッ~エビ反りイキする生意気ギャル

使い走りにされていた国広がついに自分の舌で反転攻勢

まさか自分なの長い舌で女の子がこんなにイってしまうなんて…

戸惑いながらもその威力を確信するようになった国広

リーダー格の天城をイカセまくり

次のターゲット姉ヶ崎に

天城同様 姉ヶ崎も同じように乱れていく

執拗に舌で攻めまくる

どんどんとろけていく姉ヶ崎

快感で身体に力が入らない…

もうびしょびしょです

↓↓↓妄想を膨らませたい方は無料から♪↓↓↓

<<<公式サイトはこちら♪>>>


パシリの舌テク、ヤバいって…ッ~エビ反りイキする生意気ギャル ネタばれギリギリあらすじ

さんざんつかいっばしりにされていた国広の反撃がはじまった

天城みなみと二人っきりになりきっかけをつかんだ国広くん

見下すみなみを容赦なくその長い舌で攻め立てた

唇を奪い舌を絡め乳首をなめとうとうあそこの中に舌を入れ込んで攻めまくった

何度も行ってしまったみなみはもうあそこがびしょびしょになっていた

なんてことをしてしまったんだ…

そう思いながらも自分の舌の威力を感じ取っていた

翌日姉ヶ崎が天城の様子が変なことに気が付いた

そこで姉ヶ崎は国広を呼び出し昨日何かあったのか問いただした

国広はどうやら天城が昨日のことを言ってないことを悟った

そこでしつこく聞いてくる姉ヶ崎にも同じように攻めることにした

いきなり唇を奪われた姉ヶ崎は抵抗しようとするが力が入らない

くびすじから胸に舌を這わせていく国広

だんだんと姉ヶ崎の目がうつろになっていく

一枚一枚脱がしていく国広

「あっだめそこは…」

しかし容赦なく長い舌で攻めまくる

もうびしょびしょに濡れていく

何度も行ってしまう姉ヶ崎であった

国広は自分の舌の威力を確信する


パシリの舌テク、ヤバいって…ッ~エビ反りイキする生意気ギャル2巻 感想

まるで別の生き物がいるみたい…

天城が国広の舌をこう表現していました

気は張っていても舌で性感帯をあちこち攻められると

どんどん気が遠くなっていくのでしょう

見下していた男に責められどんどん感じてしまう彼女たち

すっかりメスの顔になっています

それにしてもすごい舌を持っていますね

自分の舌の力を知ってしまった国広くんが

これからどんな風に攻めていくのか?

キスしただけで女の子がとろけて動けなくなるなんて…

もうやりたい放題かも…

前戯だけでエロエロ全開な感じですね

↓↓↓是非無料で読んでみてください♪↓↓↓

<<<公式サイトはこちら♪>>>
タイトルとURLをコピーしました