叔母さんの肉体が気持ち良過ぎて 2話のネタバレぎりぎりと無料試し読みの紹介

topページ0 人妻・熟女

滅茶苦茶魅力的な恭子おばさん
久しぶりに再会した思春期の幸平には刺激が強すぎた


間違って飲んでしまったお酒の力もあって
恭子の胸の谷間に顔をうずめたまま
大きなおっぱいをもみまくる

何とかしなければ…
恭子が取った行動はなんと
幸平のちん〇ビンビンに


↓↓↓無料試し読みの最短はこちら↓↓↓

<<<公式サイトはこちら♪>>>

↓↓↓公式サイトで『叔母さんの肉体が気持ち良過ぎて』検索♪↓↓↓

検索

叔母さんの肉体が気持ち良過ぎて 2話 初めての射●は叔母さんの手コキ ネタばれギリギリあらすじ

ベッドにあおむけになった恭子
大きな恭子のおっぱいの谷間に顔をうずめたままの幸平

「ごめん…ベッドにつまづいて…」
「こーちゃん大丈夫だった」

起き上がろうとする恭子ですが
幸平が顔をうずめたままです


次の瞬間
幸平が恭子おばさんのおっぱいをわしづかみにします
顔はうずめたまま両手でモミモミする幸平

「え?」
何か起きているのか理解できない恭子


そのころ下の部屋で幸平の父親を起こそうとする母
リンゴ味の缶酎ハイの空缶を見つけます
「やだあの子…ジュースと間違って飲んじゃった」

2階の恭子の寝室では
オッパイをもみ続ける幸平


「そろそろ離れてくれないかな」
「ほら布団を下にもっていかないとさ」

幸平が顔を上げいきなり告白しだします
口を押えて落ち着かせようとする恭子

「まずは離れようかね」
恭子はそういいながらまずい状況だと察知します


すでに暴走がはじまりつつある幸平
何とか落ち着かせたい恭子

しかし隣の夫を起こしたら
姉夫婦と気まずくなるし
それに幸平が一番傷つく…

やさしく幸平のことを思う恭子は
最終手段と幸平の溜まっているものを出してあげることにします


ジーンズのチャックをおろすと
硬くなった幸平のちん〇を引き出します
そして恭子は手コキでとにかく出してしまおうします

「取りあえず1回出せば落ち着くでしょう」
覆いかぶさったままの幸平のちん〇を
必死でしごく恭子

一気に出して果てた幸平は力尽きたかに思えたが…


叔母さんの肉体が気持ち良過ぎて 2話 初めての射●は叔母さんの手コキ 感想

思春期といえば母親のおっぱいの記憶さえないですね
そんな幸平が憧れのおばさんのおっぱいを触ってしまったら…

スイッチはいちゃいますね
あの状態じゃわかります
しょうがない


恭子さんは大人で叔母さんですから
いろいろ考えちゃいますね
やっぱりヤバイなって

そんな怪しい雰囲気の中
手コキで何とかならないかと


思春期の男は抜かずに何発もできますから
自分の旦那のことを考えて一緒にしちゃだめでしょうね

あっという間に手コキで幸平か出しちゃったとこまでは
計算通りだったかもです

最後のシーン
ちょっと何かありそうな感じですよね


↓↓↓無料試し読みの最短はこちら↓↓↓

<<<公式サイトはこちら♪>>>

↓↓↓公式サイトで『叔母さんの肉体が気持ち良過ぎて』検索♪↓↓↓

検索
タイトルとURLをコピーしました