野良人妻~捨てられていた人妻を保護したら懐かれたのでそのまま飼うことにしたお話~第2話のネタバレぎりぎりと無料試し読みの紹介

野良人妻2 OL年代

ムチムチの沙希ちゃんを散歩に連れ出します

おしっこを我慢して恥ずかしそうな沙希ちゃん

そのまま放尿シーンを眺めてからのお掃除


こころのソフトSMでしょうか

柔らかな時が流れていくような

沙希ちゃんの羞恥心がエロさを増幅させています


青姦でご主人さまにバックでつかれる

沙希ちゃんは満足しながら…


↓↓↓妄想を膨らませたい方は無料から♪↓↓↓



野良人妻~捨てられていた人妻を保護したら懐かれたのでそのまま飼うことにしたお話~第2話 散歩をしていると人妻が発情してしまい… ネタばれギリギリあらすじ

翌日沙希は早速散歩に連れていかれた

ご主人様は散歩中に沙希が迷子になってしまってはいけないので

ちゃんと首輪を買ってきてつけてくれた


天気がいい

気持ちの良い散歩日和

河原を散歩していると沙希が何やらもじもじしている


どうしたんだと聞いても困った顔をする

「ひょっとしておしっこか?」

恥ずかしそうに顔を赤らめながらこくりとうなずくかわいい沙希


ご主人様は物陰に連れていく

「ご主人様できればそんな風にまじまじと見るのはやめていただきたいのですが…」
「そうはいかないよ 主人として人妻から目を離すわけにはいかないから」


「決行勢いよく出ているね 我慢していたのかな?」

「ご主人さま全部出ました…」

ティッシュを忘れたご主人様はいきなり沙希のあそこを…


「沙希のあそこを舌できれいにしているんだ」

「人妻のトイレの後始末は主人である僕の責任だから」

「ごひゅじんしゃまぁの舌~ 頭の中が真っ白で…」


すっかり発情してしまった様子です

かわいらしくイッテくれた沙希にご主人様はご褒美を上げることにしました

「沙希そこへ手をついてごらん」


はじめて沙希のおまん〇に挿入するご主人様

「僕のちん〇にぴったりと吸い付いて…締め付けて最高だよ」

「沙希のおま〇を使ってくれてありがとうございます」


野良人妻~捨てられていた人妻を保護したら懐かれたのでそのまま飼うことにしたお話~第2話 散歩をしていると人妻が発情してしまい…  感想

ご主人さまの飼い主としての発言が

動物の飼い主さんがほんとにいいそうでちょっと笑笑

そんな発言とは裏腹に人妻だからエロエロになっていく


見てるこちらもなんか恥ずかしいやら

興味津々になってしまうんです

ご主人様になついてくれるワンちゃんはかわいいですね


ご主人になついてくれる沙希ちゃん

どんなエロエロが飛び出すのか楽しみです


↓↓↓無料試し読みの最短はこちら↓↓↓

タイトルとURLをコピーしました